性の悩みQ&A 早漏の基礎知識

早漏は射精障害(病気)に分類される?性の悩みとコンプレックス

更新日:

早漏は性の悩みとコンプレックスの問題というイメージが強いですよね。

でも、【 早漏 】 は、医学書の一般的な分類によると、
「射精障害」(射精をうまくコントロールできない)という病気の一種になるそうです。

もちろん日常生活においては何の支障もありません。
ただ、セックスにおいては、正常な性行為が行いづらいという側面があり、
パートナーに不満を与えたり、重度の早漏では挿入前に射精してしまうこともあります。

早漏は病気なのか?

自分の意思に関わりなく早く射精に到達してしまう障害

射精障害は、ED(勃起障害)とは違い、勃起することには問題がありません。
ただ射精がうまくコントロールできない状態を言い、膣内射精不能や早漏、遅漏、逆行性射精などに分類されます。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

早漏も当てはまる?射精障害の種類

早漏以外にもある射精障害の種類 早漏は、医学的に射精障害と定義されることがあるようですが、 射精障害って何?っていう人のために詳しく解説したいと思います。 射精障害というのは、一般的に以下のように分類 ...

このように、早漏とは逆になかなか射精できない症状も「射精障害」に含まれます。

「早漏」は射精障害の種類の中でも、ごく一般的によく見られる症状とありますから、
やはり多くの男性が早漏という「射精障害」を抱えて悩んでいることは間違いありません。

また、世界保健機構(WHO)という国際的な機関でも、早漏を「射精障害」に分類しているようで、WHOの文献によると、早漏は「男性の随意的な射精を調節する能力が欠如し、自分の意思に関わりなく早く射精に到達してしまう障害」と記載されています。

少し言い方は堅いですが、簡単に言うと「射精を自分でコントロールできなくて、我慢したくてもすぐにイッてしまう男性」ということになります。

男性のおよそ30~50%程度が早漏?!

実は、日本人だけでなく、諸外国でも「早漏」の男性は多く、
「国により多少の違いはあるが、男性のおよそ30~50%程度がその障害にかかっている」
というデータもあるようです。

中折れはED(勃起不全)の始まり?
韓国の男性も早漏に悩んでいる人が多いって知ってます?!

日本人の男性は他国に比べても早漏の割合が多いそうですが、 日本以外の国でももちろん早漏に悩んでいる人はいます。 例えば、おとなりの韓国。 実は、韓国でも早漏の悩みを抱える男性が少なくないんだそうです。 ...

早漏は、もはや「障害」というよりも、多くの男性がポピュラーに抱える、
セックスにおけるスタンダードなコンプレックスであると言えそうですね。

ただし、やはりセックスに支障がでてしまう事もありますので、
早めに改善・克服するに越したことはありません。
早漏を治すと、セックスに自信が持てるようになり、ストレスや不安から開放されます。

早漏改善法ランキング!人気ベスト3 最新2020年版

早漏改善法ランキング2020年最新!人気ベスト3をご紹介しています。 この3つのマニュアルはどれも優秀で価格以上に充実したトレーニング内容ですので、多くの方から口コミでも評価の高いマニュアルとしてロングセラーとなっています。 早漏に悩んでいる男性は、ぜひ口コミで効果の高い早漏トレーニング方法を試して今すぐ早漏を解消しませんか?

1位 早漏改善ブートキャンプ

早漏改善トレーニングDVD

誰でも簡単!射精コントロール習得法DVD動画教材! 多くの人が2週間~1ヶ月以内で効果を実感できています。 即効性を重視した的確な早漏対策法はナンバーワン! 段階的に早漏を改善し、射精コントロール法を習得することが可能です。

2位 スパーキー佐藤の早漏革命

AV男優が真面目に解説する早漏克服方法! 2,000人以上の早漏を改善してきた「プロの現場」の早漏改善法です。 刺激対策、興奮対策、射精対策と3つの方向から徹底アプローチ! 射精をコントロールする為にプロも使っているノウハウが学べます。

3位 早漏改善プログラム

10分以上の持続力と射精コントロールをマスターできる! 90日以内に早漏を克服できる人が多数! 早漏を改善するための全ての知識とトレーニング方法をテキストマニュアルとトレーニング動画で学ぶことができます。

-性の悩みQ&A, 早漏の基礎知識

Copyright© 早漏の悩み相談【コンプレックス解消方法】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.